2012.04.18

「JAL」と「ANA」対比!JALは、経営姿勢を変えられるか?

週刊ポスト5月27日号の「JALvsANA 空の覇権十番勝負」という記事を読みました。「経営の姿勢の違い」に焦点を当てている点が、興味深いものでした。

 

思えば、もう25年になりますが、ANAが国際線に乗り出してきたとき、「ビジネスクラスの座席アブレストをJALより一席少なくして勝負に」出ました。その頃JAL社内では「あんなことをして採算がとれる訳はない!」ということが現場まで浸透されていました。しかし、数年後にはJALが追随することになったと記憶してます。

 

機体のペイントもANAの小学生から募集した「クジラ」が初めてで、JALは、「ディズニー」で追随しました。

 

まだ、完成品もない「ボーイング787」にローンチカストマーとして世界で一番早くオーダーした度胸がありました。

 

などなど「経営スピリット」という視点では、相当な差異があります。

 

週刊誌では、良く使われる手法だとは思いますが、記事中に「JAL関係者」あるいは「広報」と微妙な使い分けがあって、この辺がまた微妙不思議なところです。

 

ボーイング787はANAの大宣伝にしてやられたとJAL関係者

2012.04.17 07:00  newsポストセブン

最新鋭機B787の導入・運航開始、LCC(格安航空会社)の市場拡大など航空業界に大きなうねりが起きている中、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の経営戦略は対照的だという。ここではB787について解説する。
 * * *
 最新鋭機として注目を集めている「ボーイング787(B787)」。中型機ながら燃費効率を高め、大型
機並みの航続距離を誇る。
 昨年9月、日本では1番機となるB787が納入された先はANAだった。ANAはローンチングカスタマー(立
ち上げ顧客)として関わったことを前面に出してアピールし、国内では「B787といえばANA」という印象が強くなっている。

 JAL関係者はこう反論する。

「開発にはJALも関わっていたのに、ANAの大宣伝にしてやられた。初期不良などのリスクが伴うので、
経営再建中の当社にはANAと1番機を争うその余裕がなかったということです。しかし、4月22日のボストン便就航を皮切りに“JALのB787”をアピールしていきたい」

就航路線についても両社の方針は対照的だ。

「長い航続距離のメリットを活かすため、国際便でしか使わない」という方針のもと、ボストン、サン
ディエゴ、ヘルシンキへの就航を発表したJALに対して、ANAは国内便でも飛ばしている。
「客室内の静かさや気圧などの環境面で、B787は格段に優れています。それを一人でも多くのお客様に
体感していただくために、国内便に投入しています」(広報室)

 利用機会の多い国内線だけに「B787といえばANA」のイメージをJALが打破するには時間を要するかも
しれない。

取材■前屋毅(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2012年4月27日号

人気blogランキングへ

コメント

コメントを書く






トラックバック

この記事に対するトラックバックのURL:

この記事へのトラックバック一覧です:

Copyright (C) 2001 - 2004 Hideshima Issei All rights reseved.