2004.11.18

プロローグ 『そんな時、あなたは?』

~次回から「機内人間模様」のコラム新シリーズをはじめます~ 

「飛行機に搭乗する」ということのみならず、およそ「人」と接するところでは、「カンバセーション」が生まれ、「対応能力」を試されるところとなります。 たまたま、飛行機の場合は、
「サービスを提供する側も受ける側も、ニゲルことのできない密室におかれていること」
「連続して長時間接すること」
「観光・ビジネスから冠婚葬祭まで、ファーストからエコノミーまで目的と環境が常に混在する集団であるということ」
「「受ける側が歴史的に、何でも受け入れてくれるという錯覚を持ちやすいこと」
「安全とサービスが常に背中合わせとなっていること」
などが特徴としてあるというに過ぎません。
一方で、「サービス・接客」という業種のなかでは、その対応能力も「濃密かつ広範囲」なものが要求されていると言っても過言ではありません。

次回から、機内で繰り広げられる「ドラマ」の数々をご紹介してゆく予定です。
そのなかで、皆様ご自身に「こんなとき、私ならこうする。」とイメージしていただくのも、一興かと思います。

「マニュアルあって、マニュアルなし」というのが「サービスの世界」、どっぷり浸ってみましょう。

747400fr.JPG
1104_001.jpgno2.jpg

人気blogランキングへ

コメント

コメントを書く






トラックバック

この記事に対するトラックバックのURL:

この記事へのトラックバック一覧です:

Copyright (C) 2001 - 2004 Hideshima Issei All rights reseved.