2004.09.22

うなる鮮烈映像サウンド、興奮アクション「LOVERS」!!

(47)


うなる鮮烈映像サウンド、興奮アクション「LOVERS」!!
~少々の肩すかしも・・。~
lovers.jpg


  

先日、親しい方のお誘いでチャン・イーモウ監督の「HERO」に次ぐアクション映画の2作目「LOVERS」をジャパンプレミアムなる晴れがましい場所で観る機会に恵まれました。

「紅いコーリャン」「菊豆(チュイトウ)」「あの子を探して」の飾らぬナチュラルなストーリー性とそこから得る感動、色使いの大胆かつ巧みさに私はぞっこんとなってしまいました。大アクション大作「HERO」は歴史が下敷きにあるだけに、単なるアクションの域を超えた作品であったとも
感じていました。それだけに最新作「LOVERS」には、期待と注目もしていました。
出不精の私の足をNHKホールまで運ばせた吸引力です。
息もつかせぬアクションは、期待通りでした。「チャン・ツィイー」の端麗妖艶に加えて、踊る武術という新たな存在には、新鮮な驚きを戴きました。また、何よりも「わだえみ」さんの衣装には魅せられました。色合いといい、衣装の質感といい、確かな証拠はありませんが、いにしえより伝わる日本のセンスを表わすとはこういうことか、と感じました。音も最高、擬音から全編に流れる音楽まで言うことなしでした。痛快エンターテイメントとしては「立派」に尽きるものでした。
これだけ、いいことずくめでしたが、私は、二つ贅沢な不満をもってしまいました。
ひとつは、「イーモウの世界」とでも言えばよいのか、能書き要らずの心を揺さぶる「感動」がありません。活劇にこれを求めるのはむりかもしれませんが期待が大きかっただけに・・。
もうひとつは、キャスティングです。前回「HERO」の「ジェット・リー」がはまっただけに、金城武・アンディー・ラウがいまひとつピンときません。金城の場合、日本人として「演技は大丈夫か、中国語は大丈夫か、他の俳優に伍して演技を切り結べるか」など余計な心配をしてしまうからかもしれませんが・・。アンディー・ラウはれっきとした大スターなんですが、「スターのオーラ」に少し足りない気がしてしまいました。
などなど、結果的には頭の中で「色々楽しんだ」ことに気がつき、書き出してしまいました。
次の「イーモウ」作品をお待ちいたします。
数日前からファンが泊まりこみ『LOVERS』ジャパンプレミア
和田 えみ さん

人気blogランキングへ

コメント

コメントを書く






トラックバック

この記事に対するトラックバックのURL:

この記事へのトラックバック一覧です:

Copyright (C) 2001 - 2004 Hideshima Issei All rights reseved.