2004.07.06

星降る夜に!(36)「スペース」への欲求は強いのです。やはり・・・。

「スペース」への欲求は強いのです。やはり・・・・。

   ~少々高くても、フライトタイムが短くても・・・。~

JALが今月6月1日から導入した「クラスJ」は、利用率80%近くとのことですべり出し好調のようです。一方のANAでも「スーパーシート」の利用率も前年対比で5ヶ月連続上回り、座席予約も28%増、と堅調の模様。

こうした状況は、これまで弊コラム「やむを得ないことですが・・。」シリーズで述べてきたように、利用者は「スペース」に大変敏感になって来ていることを示すものです。JALの場合は1000円高くなっても、「値段よりスペース」の利用者の意思がはっきり見えます。ANAの場合も、従来どおり3200円~4200円高くても、利用者が増え続けている訳です。
エアラインにとっては、売り上げ増になったこと、思惑が的中したことで喜ばしい限りですが、「短いフライトタイムでも、少し高くても、スペースが大事!」という利用者の声を正面から受け止めて、ロングレンジのフライトで窮屈な思いをしている国際線エコノミークラスに反映させることが大切と思います。

人気blogランキングへ

コメント

コメントを書く






トラックバック

この記事に対するトラックバックのURL:

この記事へのトラックバック一覧です:

Copyright (C) 2001 - 2004 Hideshima Issei All rights reseved.