2003.07.02

星降る夜に!(1)~スチュワーデスの原点~

もともと飛行機の用語は、船からきています。
例えばAIRCRAFT(機体)は、船でもないのに「SHIP」といいます。
機材繰りは「SHIP ROTATION」、書類は、「SHIP DOCUMENT」など。TBSドラマ「グッドラック」でも当然多用されていまして、私のHPに「本当にこういう風にいうのでしょうか?」という問い合わせが何通もありました。これは、本当なんです。
また、「パーサー/事務長」「スチュワード」も船長、航海士、機関士など船を実際に動かすスタッフ/乗員とは別に、外国航路では、CIQ(CUSTOMS/IMMIGRATION/QUARANTINE)用の書類作成(DOCUMENTATION)、食料・燃料などの買い入れや使用・棚卸し、そして、客船であれば、接客業務全般をその任務としています。ちなみにパーサーはPURSE(財布)→経理を預かる人ということで「PURSER」ということのようです。

つまり、空におけるスチュワーデスはもともと、海の上での「STEWARD」の役割を機内で女性がサービスする、つまり「STEWARD-ESS」なのです。
紐解けば、面白いですね。

人気blogランキングへ

コメント

コメントを書く






トラックバック

この記事に対するトラックバックのURL:

この記事へのトラックバック一覧です:

Copyright (C) 2001 - 2004 Hideshima Issei All rights reseved.